メインイメージ画像

事業内容によって変えよう!

常識的に、交通のつながりがよいほどその賃料は上がります。貸事務所を借りて会社を興す時には、得意先の立場に立って貸事務所を借りる必要があるでしょう。
つまり、仕事により交通の繋がりがいるものといらないものがあるのです。
例えば、あなたが病院などで使用したい場合は、お客様が来訪しやすいということは最低条件となります。

貸事務所において、顧客の方と直に喋ることが前提とされる時も一緒です。
しかしながら、システムを作製する、コールセンターとして使う等の場合は交通の便はさほど考えなくてもよいかもしれません。
そんなケースは、車で通勤することも視野に入れ、中心外の駐車場が十分確保されている貸事務所を選択することもやり方の一つです。貸事務所を借りる時は、あなたの仕事が顧客の対応の状況が多いかそれとも、ほとんどしなくてすむものかによって、交通の便を考慮する必要があると考えます。



実際に、貸事務所を契約する際には、どれほどの面積が必須であるのか、机などをどこに置くか検討するためにどのような間取りか前もって確かめる必要があります。
業種によっても必須となる面積や間取りは相違してきます。
例えば、貸事務所を病院などで使用する際には、少なくとも待合室と治療室という2種類の部屋がいると思います。事業所などで貸事務所を使う時には、広い1ルームを仕切り等で仕切ってし使用することもできます。メインイメージ画像


また、仕事場で必要な給湯室やトイレなどの場所はどこか間取り図で確認をする必要があります。一方、見落すのが貸事務所の部屋の中に建つ柱の場所だと思います。せっかく部屋を借りても、柱のせいで思いえがいたような配置が無理など、しばしば耳にする話です。間取り図は、仲介業者のホームページ内でチェックすることが可能なので調べて下さい。